大地と接続する 陰陽バランスを整えた身体となるとは

大地のエネルギーを肉体に取り入れる五大門をしっかりと開通させます。
目次

大地のエネルギーを肉体に取り入れる五大門をしっかりと開通させます。

宇宙エネルギーは陽(動.+)のエネルギーです、大地のエネルギーは陰(静.-)のエネルギーです。
この陰陽バランスを安定して整えることのできる身体を作ります。

回路が開き宇宙と接続すると宇宙エネルギーが大量に流れるようになります、特にソースオブライトでは回路を大きく開くので当然のことです。

宇宙エネルギーは陽(動.+)のエネルギーです。

そのエネルギーは温かく柔らかく非常に細かいものですがとてもパワフルです。
もちろん今後のあなたの成長の為にエネルギーは必要です。すべてを癒し活性化させる愛と光のエネルギーです。

しかし、宇宙エネルギーだけではバランスが崩れるのです。
滅多にありませんがエネルギーの入りすぎや溜まりすぎで頭や心臓が熱を持ってしまい、高血圧、頭痛、不整脈などが起こったりします。
クンダリーニ症候群の発症なども稀にあるのです。
もう一度言いますが滅多にありませんが注意することは大事なことです。

ここで一つ電気のお話をします。

電気エネルギーはとても強力で便利なものです、しかし、電気を取り扱う安全のために予防措置を講じておかなければ危険で命に関わることさえあります。
高い電圧の電気を扱うには「アース(電気の逃げ道を作る)」しておかなければならないということです。
最近の電化製品やコンセントでアース端子は見なくなってきましたが、洗濯機や冷蔵庫、動力工具などの電気機器はアースされていました、アースは地面に電気を逃がす役目をします。

宇宙エネルギーはとても強力で有難いものです、しかし、取り扱う安全のために
「Earth(地球)」が必要となるのです。

大地のエネルギーは陰(静.-)のエネルギーです。

身体の中でエネルギーの均衡を保っていれば、より効果的かつ安全に大量のエネルギーを管理し循環させることができるようになるのです。

大地のエネルギーを取り入れるポイントが5つあります。
足の裏(勇泉)、手のひら(労宮)、性器、会陰、尾骨です。この5つのポイントを活性化し大地のエネルギーを吸い上げバランスをとり腎臓を活性化させます。
腎臓は「水.陰.静.-」です、心臓が「火.陽.動.+」であり肉体の陰陽バランスの代表的な部分です。

母なる大地はエネルギーをリサイクルし再充実させる独特の能力があります。

汚水も蒸発すると純粋な蒸留水をなり、樹木は二酸化炭素を取り入れて私たちに必須な酸素に変えてくれます、人間と動物の排泄物は地表に撒かれると肥料に変換され新しい生命を滋養します。

その力を持つ大地のエネルギーはあなたの否定的な感情や病的なエネルギーをリサイクルし人生の栄養分に変換するお手伝いをしてくれます。母なる大地は偉大なヒーラーなのです。

自然を守り生きることをもっと重要に考えなくてはなりません。

水や石油などの油は地球の血液の役割を果たし、鉱物は臓器であり貴石は腺にあたり、樹木は動脈や静脈として考えられます。どれを失っても地球の健康を保つことは難しくなります。
私たちが出来る事はたくさんあるはずです、一人ひとりの意識が大切なのです。
母なる大地、地球とともに未来を。

関連記事

 ・第7チャクラを開くとは
 ・宇宙と接続するとは

 ・ソースオブライト
 ・ソースオブライトプラクティショナー講座

大地のエネルギーを肉体に取り入れる五大門をしっかりと開通させます。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
トップへ
目次
閉じる